Jazz singer Rin Suzuki’s BLOG

スタジオのこと、音楽のこと、カフェのこと、犬のことなど。

フラットコーテッドの子犬みっけた!→(ココちゃんとのはじめての出会い)

「近所のペットショップにフラットコーテッドレトリバーの子犬がいたよ。」

という情報を小耳にはさみ、

出かけました。

「へへへ、、、、かわいい子、どこかな?」

と、すっかり、へんなおじさんになって行ってきました。

じゃじゃ~~ん。

いた~~。

黒いフラットだね。

女の子で、まだ3ヶ月。

寝むそうに目をしょぼしょぼさせていました。

きゃわいい~!(ちょっと、オットセイっぽいな)


あたしを犬好きにさせてくれたのはフラットの子犬達なの。

今から、8年前、フラットのブリーダーさんのお宅に子犬を見せてもらいに行ったら、

3,4ヶ月のフラットの子犬達が、たくさん私を迎えてくれた。

お母さん犬もおとなしくって、かわいくって、この犬種に惚れました。

「よし、犬を飼うなら絶対フラットだ!!」と決めたのです。はーと

ところが、ミニーちゃんというかわいい悪魔に出会ってしまって、先にイングリッシュスプリンガーのミニーちゃんがお家に来たのでした。

そして、1年後にフラットのマービンくんと、運命の出会いが。え゛!

やっぱり、フラットを諦められずに、ブリーダーさんに茶色の男の子の子犬を予約し、順番を待ってました。

ところが、私の番まで、順番が回ってきませんでした。

そうだよね。2匹は大変だし、、、、、。

で、あるときミニーちゃんのご飯を買いにペットショップに行きました。

「もしかして、フラットの子犬がいたりして、、」と、思いながら、、、、。

じゃ~~ん。。本当にいた。エルモ

中途半端に育って、売れ残っている茶色の男の子がいました。

でっかいねずみみたいな子犬だったよ。

少しでも売れるようにと、お店のスタッフさんにリボンをつけてもらっていた。ハート

(それが、全然似合わないの。)

それが、マービンさ。

「即決。こいつ、いただきます」。と、、、。

ダンボールに入れてお家に連れて帰りました。

 

そんな、子犬のときのマービンのことを思い出しながら、にやにやと、へんなおじさんのように

ペットショップのフラットの子犬を見つめる私。

ミニーは今年で7歳、マービンは6歳。

あと、何年生きるか分からないけれど、お前達、これからも楽しませてね。あんぱんまん

一緒に楽しくやりましょ。

と、眠ってるわんこ達に話ました。

とさ。


追記:このフラットの子犬はココちゃんです。
はい。私が飼うことになったのです。ココちゃんを見つけたのも、飼うこと決めたのも私。全力で可愛がります♪♡