Jazz singer Rin Suzuki’s BLOG

スタジオのこと、音楽のこと、カフェのこと、犬のことなど。

お赤飯の日

2週間ぐらい前に、近所のおばあちゃんが、10/6は孫のお誕生日会で、お赤飯を炊くから、その日はご飯炊かないで待っててね。

と、言っていまいた。

今日が、その10/6日。

お赤飯の日だ。

言いつけを守って、ご飯を炊かなかった。

夜、遅くなってもいいから、とりにいらっしゃい。

と。言っていた。

「えーーーーーー?」

どうやって、行けばいいの?

「お赤飯もらいに来ましたー!」って元気良く言ってみるべきか。

おばあちゃんが、お赤飯をくれるって言ったのも2週間も前だから忘れているかもしれないし。

「何の用ですか?」と言われたら、どうしよう。

意外と気が小さくなっている私です。

 

犬の散歩から帰って、そろそろお腹もすいてきたし、お赤飯が気になって、気になって。

「ピンポーン」

「電気ついてたから、持ってきたわよーーー」

と、おばあちゃん。

お煮しめと、ぬか漬け付きである。

「わーい!ありがとうございますぅー」

「いいんですかー?」(←待っていたくせに。)

と、いつもより、テンションを上げた声で喜ぶ私。

おばあちゃんも、私の喜びようにうれしそうで

「あたしお料理好きだからさー、また持ってくるわょー」

と、言われ

私も、遠慮を知らないやつである。

「はーい!」と、いつもよりかわいく返事をしてみた。

私って、私って、私って。

ほんとに、もらってばっかり。

で、スタジオに行ってみると、見慣れぬ傘立てが???

うん?

あ、そうか生徒さんが、傘立てをくれるって言ってたっけ?

ほんとに、みなさんありがとうございまーす!

これからもよろしく、、、って。

(甘え上手である)