Jazz singer Rin Suzuki’s BLOG

スタジオのこと、音楽のこと、カフェのこと、犬のことなど。

実家のエレクトーン断捨離(だんしゃり)

来週山口の実家に帰ります。

父のお見舞いと実家の掃除。

今回は、私も愛用していたエレクトーンを処分するという任務を果たしてきます。

今日、山口の粗大ごみの係の方に申し込みの電話をしました。

  「あの、粗大ごみの申し込みをしたいのですが、、、」

おじさん 「ものは何ですか?」

「 エレクトーンを一台」

おじさん 「エレクトーンですかぁ、、」(ちょっと面倒くさそう)

「大人二人で行きますよ。持てますか?」

「はい。大人二人で運んできてるので持てると思います。」(反撃じゃ!)

おじさん「引っ越しのプロじゃないから、もし持てなかったら置いていくこともありますよ。いいですか?」

「えぇーーーー?!はい。(というしかないじゃん)」

おじさん「ぶつけるかもしれんよ。大丈夫ですか?」

「は、、、、はい。別にいいです。(って自分の家じゃないし、、って)」

おじさん「500円をお支払いください」

「やすぅー!500円でいいんですか?よろしくお願いします(急に元気に明るい子)」

おじさん「運びやすいところまで、出しておいてください」

「老人と、かよわいおなごなので、、、でも頑張ります」

(ほんとはスタジオでスピーカーとか楽器をガンガン運ぶ背筋女!のくせにね。)

というわけで、なんと、500円でエレクトーンを処分することに。

おじさん達、さじを投げないで頑張って運んでね。

その後、ピアノの調律の東さんのところに寄って、エレクトーン二人で運べるか聞いてみた。

「大丈夫だよぉー。運ぶの大変そうだったら、ちょっとウインクでもしたら喜んでやってくれるよぉ」

うーん。

おばさんのウインクがどこまで通用するか、ちょっとやってみようか、、、。←新年早々頭がおかしい人!

来週実家で、大掃除。ガンガン捨てるよ。

母親とケンカにならなければいいけど。

母ちゃん、断捨離(だんしゃり)しましょ。