Jazz singer Rin Suzuki’s BLOG

スタジオのこと、音楽のこと、カフェのこと、犬のことなど。

杵崎神社(山口・光市)参拝!

先日の実家に帰った時の続きです。

杵崎神社(きざきじんじゃ)に行ってきました。昔は亀崎神社と称していたこともあるそうです。

亀にまつわる伝説あり。亀はえらいよ。亀吉音楽堂もあやかりたい!

kisaki5.jpg

亀の瓦はふるさと郷土資料館にありました。

kisaki7.jpg

kisaki8.jpg

kisaki9.jpg

というわけで、父も一緒にお散歩しました。

峨嵋山遊歩道入口を入り、てくてくと歩きます。

kisaki.jpg

足が痛いのに付き合わせてすみません。父ちゃん。

kisaki4.jpg

長ーい階段です。

kisaki10.jpg

kisaki2.jpg

お相撲の土俵もあります。最近は使われていないので、草ぼーぼーで、写真とったけど、ただの草むらに見えました。残念。こういうところをきちんと整備すればいいのになぁー。と思います。

この日は普賢祭りでたくさんの人が来ているのに、キサキさんを参拝する人には出会いませんでした。

kisaki11.jpg

kisaki6.jpg

長ーい階段をてくてくと歩いて、やっと着きました。息が切れます。

崖があるのですが、そこを降りて行くと草ふぐの産卵の場所です。通行止めになってました。

行ってみたかったなー。

kisaki3.jpg

峨嵋山にある杵崎神社は、風の神である級長津彦命級長戸辺命および大伴連狭手彦を祀っています。

 562年、狭手彦が新羅国征伐のため筑紫に赴く途中、周防灘で暴風に遭遇し、遭難しそうになりました。狭手彦は杵崎の祠に「危難を救ってくれるならば、生前・没後とも永く魂をこの地にとどめ、大神にして奉る」と祈ると、嵐は静まりました。狭手彦の霊威によって杵崎神社が創建されたといいます。

 この社の下の海中には甲羅に海草が生い茂る亀がいて、この亀に因んで一時期「亀崎神社」と称したことがありました。

 毎年9月に開催される神前奉納相撲が有名ですが、現在は休止されています。(むろづみ観光ガイドより)