Jazz singer Rin Suzuki’s BLOG

スタジオのこと、音楽のこと、カフェのこと、犬のことなど。

「おとなの漫画3」終わりましたーー!!

砂田実さんのトークライブイベント、「おとなの漫画3」で歌わせていただきました。

砂田さんのイベントで歌うシンガーに推薦したよ。。と、私のアルバム「ブルーベルベット」のライナーノーツを書いてくれた森さんより言われました。5月頃のこと。

まだまだ先だし、決まるかどうか良く分からないし。と思っていました。

砂田さんが私のアルバム「ブルーベルベット」を気に入ってくださってるということで、お会いしたのは9月。その時に、砂田さんから、「中村八大、宮川泰、平岡 精二、鈴木道明の曲で歌える曲を1曲づつとジャズのレパートリーより1曲候補曲送ってください。その中より選びます」と言われました。えっ!?そういう選曲の仕方はじめて。さすがは砂田さん。

ジャズは良いとして、日本語の曲はこれらの作曲家の歌、1曲もレパートリーない!

それで、たくさん探して、聴いて、「この曲なら覚えられるかな?」というピーナッツの曲などを候補曲として送りました。

で、少しは練習しましたよ。ええ。ええ。

しかーし、練習した候補曲はすべてボツ。

台本が出来上がると、なぜか、人生の扉(竹内まりや)を私が歌うことになっていた!!!「あれー!?」

この曲、ワルツでメロディーはわりと単調。

こういう曲って覚えるのが大変です。大変でした。めっちゃ聴きました。まりやと一緒に歌いました。

ワンコと散歩する時、人参切ってる時、電車に乗ってる時。

で、歌いこんでいくうちに、じわじわと。きた。きた。

今では完全に私のものととなりました。はず。

「人生の扉」は雪村さんや砂田さんの人生を思い、歌いながらじーんとしてしまいました。

(歌ってる横で雪村さんが座ってるの。)

他に歌った曲、「黄昏のビギン」「赤坂の夜は更けて」も、歌詞(言葉)が素敵。

雪村いずみさんともOn the sunny side of the streetなどで共演。というわけで、楽しかったイベント終わりました。

「おとなの漫画3」に参加出来て私はラッキーです。みなさんお疲れ様でした。

写真は吉川様よりお借りいたしました。

otonano.jpg

左から稲垣次郎さん、原田イサムさん、Emaちゃん、鈴木輪ちゃん、雪村いずみさん、犬塚弘クレイジーキャッツ)、杉田真理子さん

otonano1.jpg

Emaちゃん、鈴木輪ちゃん、雪村いずみさん、杉田真理子さん

jinseino.jpg

私(白いドレス)、人生の扉を歌っているところ。雪村いずみさんが暖かい目で見守っていてくれました。

Emaちゃん、杉田さんもコーラスで参加。ありがとう!!

ステージ脇で撮影。(吉川さん)