Jazz singer Rin Suzuki’s BLOG

スタジオのこと、音楽のこと、カフェのこと、犬のことなど。

気管支喘息10年目

今日は健康のことを書きます。

気管支喘息が発症したのが10年前。

喘息とは知らずに、この息ぐるしさは何なんだー。咳が止まらない!声がだんだん枯れてくるー。くるちぃー。

と、涙目になりながら歌っていた頃。

スタジオをはじめ、会社も立ち上げ、慣れないこともたくさんで、ちょっと働きすぎてた。

あれから10年。

発作が出る原因を取り除いていって、今ではほとんど大丈夫になった。

一番の原因と思われるのは、前のスタジオが、地下で空気が悪かったこと。

長時間そこでレッスンをしていたのです。カビ菌が飛んでいたと思われる。地下は湿気ぽくて時々気絶しそうだった。

台風が来て、水浸しになることが数回。地下は換気が難しくどうしてもカビが生える。

そういうこともあり、限界を感じて、自分のスタジオを作ろうとした。(亀吉音楽堂のことね♪)

とにかく、タバコの煙。エアコンのカビ、人混み、、、。空気の悪いところ。苦しかった。

最初は大きい病院の呼吸内科に通って、薬をまとめてもらっていた。

ちょっと良くなると行かなくなったりで、まあいい加減なもんでした。

しかも、気管支喘息かもしれないですね。と、言われたのは、3、4人目の先生。

最初は、「精神的なものでしょう。」とか、「風邪ですね。」と言われてた。

まあそんなわけで、なんだか調子の悪い日々でしたが、歌っていました。

今ぐらいの季節にまたおかしくなり、風邪もひいて近所のおじいちゃん先生の所に初めて行った。

後で鵜の木の名医小林先生と知る。

気管支喘息の治療をいい加減にして、薬も飲んでない。と言うと

「あなた死にたいですか?死にたくなければちゃんんとやりなさい。」

と、まず怒られる。

どういうときにそうなるのか?

どうしてそうなるのか?、、、、など、すごく分かりやすく説明してくれた。

おじいちゃん先生も喘息持ちだそう。私が歌っている人だと分かると、より丁寧に教えてくれた。

予防の方法や、吸入を正しくするやり方も先生が実際に実演してくれた。

「吐きます、吐きます、吐きます、息を止めます。

吸います、吸います、、、、、、いっぱい吸って下さい。

その後はガラガラ、、、ぺっ。ガラガラ、、、ぺっ。ブクブク、、ぺっ、、、、と、うがいをするんだよー。」

と、おじいちゃん先生が実際にやってくれた。(涙)

ガラガラ、、、ぺっ。の後のブクブク、、、ぺっをさぼって、えらい目にあいました。

ガーン。喉にカビが生えた。

そんなこともあった。うがいは大事。

梅雨の季節~夏~秋(ブタクサアレルギーあり)を無事に過ごせるには小林先生のおかげ!

本当にありがたいことです。

追伸

鵜の木の小林内科クリニック。当分休診となっています。

先生は骨折とのこと。90歳を超えてます。人気の先生だから朝早くから遅くまでクリニックは混んでました。

診察が終わってフラフラしてたのかもしれません。

先生に会えないのがさみしいけど、少しゆっくりしてほしいです。