Jazz singer Rin Suzuki’s BLOG

スタジオのこと、音楽のこと、カフェのこと、犬のことなど。

ココちゃん、またね。

骨肉腫だったココちゃんは2月17日日曜日、午前10時34分に永眠いたしました。

スタジオ犬として、カフェ店長として愛想を振りまき、場を和ませてくれていたココちゃん。

人間が大好きでした。

今までココロを可愛がってくださり、本当にありがとうございました。

1週間が経ち、やっと、ブログが書けるぐらいに落ち着きました。

しかし、失敗ばかり、忘れ物をするし、ぶつかるし、ぼーっとしてるんでしょうね。

 

前のブログに書いたように、ココちゃんは、夜中の2時頃から朝の10時の間、血を3回吐き、最後はあくびをするように大きな口を開けて、吐こうとしました。

まだ吐きたかったみたいだけど、吐けず、そのまま亡くなってしまいました。

苦しかったと思います。

亡くなる直前に、何か音楽をかけようと思って、ココちゃんと一緒にジャケット撮影した私のアルバム、ココとの思い出がいっぱい詰まったアルバム、「I'll close my eyes瞳をとじて」を流しながら、ココちゃんに顔を近づけて、話かけてました。

「ココちゃん、ウチに来てくれてありがとうね。

今度生まれ変わったら人間の子供に生まれて私の所に来てね。

そしたら、もっと長く一緒にいられるからね。いっぱい可愛がるからね。絶対来てね。」

私の目から涙があふれて、ほっぺたをツーっと、流れました。

ココちゃんは、顔をちょっとだけ起こして、私のほっぺたの涙をペロンと舐めてくれました。

顔を起こすのもつらかっただろうに、もうベロも動かなくてお水も飲まなかったのに、、、、、。

「うん。母ちゃん分かったよ。人間に生まれてくるよ。分かったよ。」と言ってるみたいでした。

ココちゃんありがとう。

ココちゃん可愛かったよ。

ありがとう。

ありがとう。

ココちゃんに最後は鎮静剤は与えていませんでした。

辛そうだったから与えた方が良かったのか、、、、、苦しかったかもしれない。

でも鎮静剤で、寝ちゃって、そのままお別れは嫌だった。

ココちゃんの目はしっかりこっちを見ていて、お話も「うんうん」って聞いていてくれたと思う。

えらい子だね。ココちゃん。

それから、10分もしないうちにココちゃんは亡くなってしまった。

CDはまだ終わっていなくて、しばらくして、最後の曲「I'll close mye eyes」が流れてきて、ワンワン泣いた。

ココちゃんの体はいつまでも温かい。

本当に死んじゃったのかな?

でも、ココちゃん、もう苦しくないね。良かったね。

天国に行って、ミニーとマービンと合流してね。

お花畑で走り回ってね。

 

1週間経っても、玄関のドアを開けて、「ただいまー。」というと、「おかえりー。」っと、しっぽをフリフリ、お迎えに来てくれてるような気がする。

ココちゃん。

ずっと忘れないよ。

またね。

f:id:jazzvocal:20190224203847j:plain

ココちゃんを見守ってくれている天使と、天国に行ったミニーとマービンの写真のコラージュ。おーい、こっちだよー。天国はこっちこっち。と、案内してるよう。↓

f:id:jazzvocal:20190224203908j:plain

最後のご飯を作りました。いつも美味しそうに食べてくれてたの。うれしかったよ。

f:id:jazzvocal:20190224203927j:plain

お花をいただきました。ありがとうございます。ココちゃん毎日楽しかったね。

f:id:jazzvocal:20190224210418j:plain

ココちゃん、多摩川で走るの楽しかったね。最後にもう一度連れて行ってあげたかったのに、出来なくてごめんね。

f:id:jazzvocal:20190224204111j:plain

大好きなパパさんに甘えるココちゃん。

f:id:jazzvocal:20190224203953j:plain

ジャケット撮影。モデル犬として頑張ったココちゃん。ありがとうね。

f:id:jazzvocal:20190224204015j:plain

ココちゃん。

ばいばい。

またね。