Jazz singer Rin Suzuki’s BLOG

スタジオのこと、音楽のこと、カフェのこと、犬のことなど。

80代の両親、義父母、93歳の叔母、、、元気でいて!!

久しぶりの更新となってしまいました。

世の中はコロナウィルスで大変なことになっていますが、プライベートも忙しかった。

私の実家(山口)と、義父母の住む高知へ行ったり来たり。

車で東京から四国へ。四国からフェリーで九州へ行き、山口へ。

高知から、山口へは瀬戸大橋までもどって行くか、しまなみ海道。

松山から柳井へフェリーというのもあるけど、今回は、八幡浜からフェリーで別府というコースにした。

別府で温泉に入る!という束の間の楽しみがなかったら、結構きつい旅でした。

山口では、施設にいる叔母のところへも寄る。

93歳の叔母。

頭もしっかりしていて、まだ株をやっている。

「仕事は大丈夫か?体は健康か?」と、聞かれ、

最後は「しっかり頑張りなさい。」

と、励まされる。(涙)

そして、「これが会うのは最後かもしれないよ」と、言われる。

「そんなこと言わないでよーー。」というと、イヒヒ、、と笑う叔母。

そんな鈴木家の親分(女だけど)ナオミ叔母である。

叔母と一緒に住んでいた。叔母は強い。色んな意味で、。

親分はナオミだと感じる。父より一回り年上だし、、。

実家にて、ご飯を食べながら、父が、力説したこと。

父「年を取ると「キョウヨウ」と「キョウイク」が必要なの。

今日の用事と、(略してキョウヨウ)と、今日行く所、(略してキョウイク)」

 父、今日行くところは、畑。病院、友達のところ、叔母の施設、やる事がいっぱい。

母、家事、詩吟の練習、体力作り、アルバイト(笑)

二人で日記をつけている。何が書いているのやら、、、。

家はぐちゃぐちゃでもいいから、頼む。元気でいてくれ、、、、。

実家にまたマシーンが増えていた、スクワットマシーン(??)

母は変なものをよく買う。じゃまだな。と、父は思っているに違いない。

スクワットするのにマシーンはいらないと思った。

翌朝、もう一度、四国へ。

入院した義母を見舞う。

その後、大きい病院に転院する準備。

退院した後のことを相談しに、地域包括センターの方や、病院、保健婦さん、施設の相談員の方。色んな人に会う。

手続きなど出来ることは全部する。

ふぅーーーー。短期間に色々なことをしてきました。

今は、義母も大きい病院へ転院し落ち着いてくれました。

転院の日には日帰りで高知へ。

こういう時、実家が遠方だと本当に大変。と、感じる。

義父は元気です。

ちょっと耳が遠いけど、自分の世界を楽しんでいるよう。

畑もやっている。Ipadを使って調べ物をしたり、Youtubeを見たりしている。

ヘルパーさんは必要ないと言っているけど、大丈夫かな。

f:id:jazzvocal:20200226143019j:plain

80代の両親、義父母、93歳の叔母。私の周りも高齢化しています。

そういう私も高齢化していますが、、、。