Jazz singer Rin Suzuki’s BLOG

スタジオのこと、音楽のこと、カフェのこと、犬のことなど。

ガーン。クリックポストに戻された話!!

今日は郵便局のクリックポストを使って郵便物をポストから出したが、翌日返却されてしまった悲しい話。しかも大量に、、、。興味ない人はスルーしてね。

クリックポストって使ったことありますか?

とっても便利なんですよ。

小物の郵便物を安く送れて、追跡もできるので、CDや書類を送付したりするのによく使っております。

つい先日も、利用しました。

アルバムのサンプルCDを関係者の皆様に、クリックポストを使って郵送。

厚さが3センチなので、プチプチが分厚くならないように気を付けるのがポイントです。いつものように、梱包して、よし、厚みOKと、確認してポストに入れました。

翌日、郵便配達の若い子がうちのポストをガチャガチャやってるので、「何かな?」

と、思って窓からのぞいてみると、無理やりポストに郵便物を押し込もうとしている。

昨日私が出したやつだ。

CD2枚入り荷物2点、4枚入り荷物5点。7つの郵便物。

絶対に、絶対に、ポストに入らないと思う量だ。

そんなにもどって来てるのなら、ピンポン押して、手渡しして、理由を言えばいいじゃない。と思うよね。まず、そこが、プンプンポイント1だ。

私、窓から見てたから、外に出て、「なぜに戻ってきたの?」と、郵便配達の人に質問。すると、

「ぼくは配達するだけなので知らない。」と言う。 **プンプンポイント2。

「あ、修正してるからですよ。」といわれ、?????

「私、修正してませんよ。」のやりとり。

面倒くさそうで、態度悪い。 **プンプンポイント3

配達人も私がプンプンしてたので、「こえーよー」と、逃げおったよ。(笑)

後から思うと、そこまでプンプンする必要ないと思うけど、

前日に一生けん命梱包した商品を、ポストにギューギュー入れられて、包装が破れてた。当然全部は入りきれてない。私が不在の時で、雨が降ってたらどうすんの?(クリックポストは補償はありません)

f:id:jazzvocal:20200712131327j:plain

これが貼ってありました。

私、修正してませんから。(私、失敗しないから、、、みたいな女の感じで)

思い当たるところは、

1、印字の後に、手書きでマンション名を入れた。

2、差出人の名前を連名にするために手書きで(鈴木)と、加えた。

これがダメダメポイントだった。

要するに、手書きが全て、修正ということになるらしい。

あと、印字が小さくてつぶれそうになってる漢字があったので、親切に横に手書きで大きく書いてあげた。これはオッケーだった。

だからー、そういうことするから、分かりづらいのよね。

 

クリックポスト。

これいいの?

だめなの?

どっち???

って思う。

ちなみに、同じようにやって、今まで一度も返却されたことはなかったのです。 

本局に電話すると、優しそうなクレーム対応のおじさんから電話がかかってきて、

「加筆もダメですよ。ルールはルールですよー。」と優しく優しく、言われてしまったので、「はい。分かりました。」と、言うしかない。じゃー、ラベルの下にも加筆もダメだって、書いて。そしたら、絶対に書かないのに。 

郵便物が行ったり来たりすることによって、結局こちらが時間を取られる。

もどってきた梱包をといて大丈夫か確認し、再度梱包する手間と、デビットカードで決済が終わっていたので、返金処理を申請して、再度申し込むという、面倒なこともやらなくちゃいけません。

てやんでい。

もうラベルには何も書かねえよっ!(ちょっと江戸っ子超)