Jazz singer Rin Suzuki’s BLOG

スタジオのこと、音楽のこと、カフェのこと、犬のことなど。

犬用のダネイホンの作り方!と、犬の皮膚病はドッグフードの添加物が原因かも?

ココちゃんファーストの会の会長さんに任命されたのは今年の2月だった。

詳しくはこちらのブログに書いてあります

jazzvocal.hatenablog.com

あれから10か月。ココちゃんは余命宣告されてしまいました。最近はちょいと痛みに慣れて来ているようです。現状維持。

私、せっせと毎日犬用の栄養食品、ダネイホンを作っています。(笑)

ココちゃん専用の手作りワンコ飯のことです。自己流です。

ココは11月初旬に骨肉腫で余命3か月。長くて半年。と、宣告されました。痛みと戦っていますが、食欲はモリモリあります。

まだまだ元気で頑張ってくれることと信じて、お母さんは土鍋で毎日ダネイホンを作っているのです。(あ、お母さんとは私のことね。)

 ココちゃんダネイホンの作り方。知りたい?まぁ、それほど興味がないかもしれませんが、いちお、書いときます。

<作り方>

1人用の土鍋にお水を適当。そこに煮干しを10匹ぐらい。

乾燥ヒジキかワカメを細かくハサミでバチバチ切りながら投入。

サツマイモを適当な大きさに皮ごと切って入れる。

サツマイモは必ず入れる。その他、冷蔵庫にある大根、ニンジン、ブロッコリー、菜っ葉、リンゴなど適当な大きさに切って入れる。

写真では、サツマイモの下に大根、ニンジン、ヒジキ、煮干しが入っています。

一番上にササミを2本載せる。

ササミはまとめて買って、2本づつに小分けにして冷凍したものを使用。

凍ったままのササミを野菜の上にチョコンと載せておくと、調度いい感じに蒸されます。蓋をしてねー。

柔らかくなるまで煮込む。我が家ではストーブの上で。

ココちゃんが「いい匂いだなぁー。」と寄ってきます。

出来上がったダネイホンと炊いた玄米ご飯、か、白飯を半々ぐらい混ぜる。

ササミは小さくほぐす。★トッピングに米ぬかやきなこ、すりゴマなどあるもので。

お腹の調子を見て、白飯にしたり、玄米にしたり調整。お腹がゆるい時は白飯柔らかめかおかゆにし、量は少な目。ヨーグルト少々にビオフェルミンを混ぜて与えています。

ココちゃんは1日3食手作りワンコ飯歴、3年。

それまではドッグフードだけ与えていましたが、3年前に15歳で亡くなったミニーちゃんが、手作りワンコ飯にすることを教えてくれた。ミニーちゃん、加齢であごがおかしくなって、口が空かなくなって4,5日の間、何も食べられず、絶食。

絶食のおかげで、皮膚病がキレイに治った。その時、ミニーちゃんの皮膚病は添加物が原因だったんだ。と、気がついた。(人間のアトピーも添加物じゃないかな。と、勝手に思っている。)

ココちゃんは胃腸が丈夫な子だけど、個体差があると思いますので参考までにね。

 

★追記・これは私の考えです。うちの犬には合っているということです。ちなみに野菜くず(調理で出た野菜をむいた皮なども小さく切って一緒に煮込みます)生ごみも減るしGoodです! 玉ねぎはダメよ。

犬用のダネイホンの作り方

犬用のダネイホンの作り方

ダネイホンが出来るのを待つ黒犬

ダネイホンが出来るのを待つ黒犬